どんどん力がつく こども将棋 強くなる指し方入門 
1995年発行 池田書店  監修 中原誠 当時の定価は930円+税
評価 S 難度 ★~ コンセプト<駒の動かし方を覚えた次に読む本>

ある将棋ブログでおススメされていた本。Amazonでの評価も、すごくよかった。
私は初心者に対しての教え方というのにも興味あるので、買ってみた。
この本を新品で入手することは難しい。Amazonのマーケットプレスで、中古を買うといいだろう。幸い、安く出回っている。

将棋の駒の動かし方を書いた本は多数あり、どの本を読んでもそれほど差はないだろう。
しかし、その次に読むべき本というのが、なかなかなかった。
本書はその役目を見事に果たしている。
次の一手形式で、読者に考えさせる手法がピッタリとハマっている。これなら、初心者が強くなれるだろう。

序、中、終盤に分け、取り上げられている問題のバランスがとてもいい。
長い詰み手順も紹介されているのだが、それもまた将棋というゲームの一面なので、それでいい。

子どもに将棋を教えたい親は、姉妹本である「どんどん強くなる やさしいこども将棋入門」、そしてこの本を買ってあげるといい。
本書は24年も前の本だが、内容は古くなってない。フリガナも振ってあるので安心だ。
加えて、初心者向けの詰将棋本をセットで買って学ぶといいだろう。