すぐに指せる!角交換四間飛車 (将棋世界2017年12月号付録)
杉本和陽四段著 Kindle版 110円
難度 ★☆~(初級者の得意戦法としても使える) 評価 S

毎度おなじみ、付録シリーズ(^^; 次の一手が39問。
この本は、振り飛車で、何か手っ取り早く得意戦法を身につけたい人にピッタリ。
居飛車党の有段者で、後手番に悩まされている人にも、思い切ってこの戦法を採用するといいかも。
何しろ、藤井猛九段をはじめとするプロも採用しているのだから。

この戦法の特徴として、自分から攻めて行ける可能性が高い。
そして、何より、居飛穴が怖くない。これはものすごく大きい。
藤井システムを身につけるのは大変な労力がかかる。
その点、この角交換四間飛車なら、あっと言う間に居飛穴封じができちゃう。
角を交換して、ハイ、居飛穴封じ。こりゃー、アホみたいに簡単だ。
この発想を、まさにコロンブスの卵というのだろう。

逆棒銀などがこの戦法の主な狙いだが、それもわかりやすい。囲いはとにかく美濃。
一番簡単な振り飛車は何?と訊かれたら、この角交換四間飛車、と私は答えるだろう。
角道を止めるノーマル振り飛車は、定跡を覚えるのが大変だ。
ノーマル振り飛車は、中盤の戦い方で、知識(定跡)がすごい問われる。そして居飛穴対策と右四間対策が必要。
この角交換四間飛車は、いいことずくめ。特に欠点も見当たらない。
狙いが単純すぎる、と言われるかもしれないが、アマにはこれくらい単純なほうがいい。
対局で間違えて負けても、ソフトで調べて「ここが悪かったのか」という反省がやりやすそう。

欠点を上げるならば、千日手模様になってしまう可能性が高いこと。
しかし後手番で採用すれば、千日手はむしろ歓迎ではないか。

この戦法を激指15で検討させてみた。
(ちなみに初期配置では定跡なしでPro+7の深さで+37)
初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△4二飛の局面。
検討モードで+78という数値だった。(考慮の深さはPro+7)
そこから進めて、▲6八玉△8八角成▲同銀の局面は、+77.(深さはPro+7)
居飛車側に100も振れてない。ソフトの判断としても、充分、行ける!

居飛車党としても、相手の狙いを知って、何か対策を考えておくべき。
個人的には、居飛車側はボナンザ囲いにすれば、だいぶ隙がないように思うが・・・。

とにかく、千日手さえOKと思えば、この戦法は最高の友となるだろう。
もちろん、指す人と戦法の相性もあるのだけど。
この付録本の評価はSとしたが、戦法の評価はS以上である。
まずはこの付録本を読んで、自分に合いそうかどうか、面白いと思うかどうか、試してみよう。
110円は安い!