今すぐ指そう ダイレクト向かい飛車 (将棋世界2015年02月号付録)
大石直嗣六段著 Kindle版 110円
難度 ★★★~ (中級以上向け) 評価 A

角交換四間飛車と比べて、一手得をするために知っておくべきこと、を解説した本。
ダイレクト向かい飛車は、居飛車側から▲6五角(△4五角)で乱戦になる可能性があるのだ。
本書は全39問だが、そのうち30問はその乱戦でどう戦うかを解説している。

なので、ベースは角交換四間飛車なのだ。一手違うだけ。そもそも角交換四間飛車を指す気がないのならば、本書は不要。
まずは角交換四間飛車を指してみて、自分に合うとわかったら、次は本書で一手得する手順を知っておこう。
▲6五角(△4五角)の乱戦を嫌うなら、無難に四間に振ってから、向かい飛車にすればいい。
居飛車側も、別に▲6五角(△4五角)を打たずにスルーしても問題はない。乱戦か収めるか、好みの問題だ。

本書ではダイレクトに向かい飛車に振るわけだが、向かい飛車ばかりがいいとも限らない。
四間に飛車を置いたまま、攻める形もあるのだから。
個人的には、わざわざダイレクト向かい飛車にして、乱戦になるのを好まなくてもいいと思う。
乱戦になるのを繰り返しているより、無難に角交換四間飛車を何回も指したほうが、経験値が溜まりやすいのではないか。

ともあれ、▲6五角(△4五角)問題を詳しく解説した書として、貴重な本となっている。とにかく110円は安い。
こういう、「話が限定的で専門的なんだけど、知っておきたい」という変化を解説するには、この付録形式がピッタリマッチしている。マニアとしてはとてもうれしい。ニッチ(隙間)な需要に応えてくれる、ありがたい本だ。