将棋戦法事典100+
マイナビムック 将棋世界Special 1600円+税 2019年10月1日初版第1刷発行
将棋世界編集部編 全223ページ
評価 A 難度 ★★~ (符号で指し手がどんどん進み、理解が難しいときもある) 
コンセプト<戦法を、その戦法の狙いとともに100個以上紹介>

本書の正式名称は、「将棋戦法事典100+(プラス) 王道 流行 珍戦法 完全網羅!」となっている。
大きさは将棋世界と同じ。将棋世界と比べて30ページ分くらい少ないが、ムック形式ということで厚さも同じくらい。

中身はしっかりした作りの本で、さすが専門誌の将棋世界の編集部が書いただけある。
変な紹介のされかたではないので、安心して読める。
決してその戦法のいいところだけをピックアップした本ではない。
なぜなら、例えば「居飛車穴熊」と「藤井システム」の両方の成功例を紹介しているので、両方の立場の観点で戦法を知ることができる。

私が一番驚いたのは、75位の「ムリヤリ早石田」。初手から▲7六歩△8四歩▲7八飛△8五歩▲7七飛!
これを考えた人、すげーー(^^;
金沢五段が何度か使ったという、初手から▲7六歩△3四歩▲6六角! これも、ド素人のような手。

紹介のされかたでは、トマホークのところで紹介されていた、▲1七桂を「裏跳ね」という表現。これは定着させたらいいんじゃないか。
▲9七桂も含めて、端桂を「裏跳ね」と呼ぶことにするのはどうか。

出版されて間もない、今が旬の本。何年か経ったら、新しい指し方が生まれているだろう。
そうなるとこの本も時代遅れになる可能性が高い。鮮度がある本。
でもよくまとめてくれて、こういう本があると、私にとっては知識が増えてブログが書きやすいので助かる。
私は先手中飛車とゴキゲン中飛車の区別がいまいちついてなかった。
本書を出してくれてありがたかった。税込みで1760円するのが難点だけど、内容はしっかりしている。
巻末に索引があって戦法を調べやすいのは、好ポイント。

「結局のところ、将棋の戦法ってどれだけあるのよ?」という人は、本書で解決だ。
そういう意味では本書はS評価。
さすがに、私には知ってることが多かったのでAに留めた。
将棋を覚えて間もない人がこの本を読むとどうなのか、感想を聞きたい。きっと戦法の多様性に驚くと思う。
それだけ将棋は広く深い。それを再認識できる本。

誤字など
P75 第14図 歩の位置が2五歩じゃなくて2六歩の形のはず。
P188下段 後手が飛車香を持っているが、正しくは持ち駒なし。飛車香落ちの図である。
P193 ×B図は~ A図は~の間違いと思われる。