(この記事はフィクションです。実在の番組・人物とは関係ありません)

ナレーション「再び将棋を題材に五・七・五。今回のプレバトは将棋川柳、第2回。果たして、結果はー?」

浜ちゃん「今回も将棋をテーマに川柳をよむという番組になってます。川柳ですので季語はなくてけっこうです。句をよんだ後に、才能アリ・凡人・才能ナシの3段階に分かれます。いつものように査定には、なつい先生に来ていただいております。じゃあさっそく行きましょう。まず最初はこの句から」

作品その1
・友達と 話が合わない 将棋オタ

浜ちゃん「先生ー、これは?」
なつい先生「これはもうしょうがないわよ。世間じゃ将棋は、ひふみんか羽生か藤井聡太くらいしか知名度がないんだから。友達と言える人が存在するだけマシよ。句としてはありきたり、凡人ね」
浜ちゃん「先生、直しは?」
なつい先生「趣味を見つめ直しなさい」
浜ちゃん「・・・いつもながら厳しいなあ。じゃあ次」

作品その2
・二歩を指し 待ったをしてると 時間切れ

なつい先生「トリプル反則ね。アマにはありうるわよね。プロでも銀河戦で阿部隆がこれをやりかけたんだけど、阿部はすぐ投了したわ。反則したら謝って投了。それが投了のマナーよ。句の出来としては凡人ね」
浜ちゃん「先生、直しは?」
なつい先生「反則を反省し直しなさい」
浜ちゃん「・・・じゃあ次を見てみようか」

作品その3
・カツカレー 豚キムチうどん ワンタンメン

なつい先生「これ、聡太の勝負めしと言いたいんだろうけど、川柳に全くなってないわ。ただの料理屋のメニューじゃないの。全然だめ。論外。才能ナシよ」
浜ちゃん「先生、査定が厳しいなあ。でもこれはちょっとひどかったか。次で挽回しよう」

作品その4
・みろく庵 紫金飯店 ほそ島や

なつい先生「この句はもう、小学生の低学年レベル。勝負めしで棋士が出前を取る店の名前を並べただけじゃないの。川柳は作品であって、食べログじゃないっての。第一、みろく庵はもう閉店したし。ふざけるんじゃないわよ。全然才能ナシ!」
浜ちゃん「先生を怒らせてしもうたか。さっきのとこれ、二句続けて低レベルやったからなあ。次で挽回や」

作品その5
・青野取るいち 同飛車大学 両取りヘップバーン

なつい先生「だから!!何よこれ!?豊川のオヤジギャグを3つ並べただけじゃないの!五・七・五も無視して、もう完全にふざけてるわね!これ作った人、出てきなさい。ぶん殴ってあげる。もう私、査定するの嫌。もう帰りたい」
浜ちゃん「あー、先生、完全にブチ切れてしもうた。先生、直しは?」
なつい先生「人生をやり直しなさい」
浜ちゃん「・・・じゃあ次を行ってみましょう」

作品その6
・30級 藤井システム 指しこなす

なつい先生「あ、これは句としてよく出来てる。将棋ウォーズの話よね。ウォーズではどんなに棋力がある人でも30級からスタートするの。だから藤井システムを指しこなす30級がいてもおかしくないわけよ。対戦相手はたまったもんじゃないわよね。当たりたくない『恐怖の級位者』よ。この句は才能アリよ」
浜ちゃん「あ、やっと才能アリが出た!先生、直しは?」
なつき先生「私の機嫌が直ったわ」
浜ちゃん「よかったー。この調子で次」

作品その7
・NHK杯 感想戦で 目が覚める

なつい先生「これはセンスありよ。眠たいときにTVで将棋を観ると、必ず途中で眠ってしまう。それで対局が終わって、感想戦が始まったとたんに、なぜか目が覚めるのよ。日曜の昼だから、ただでさえ眠いんだけど、眠いときに観戦するのはやめたほうがいいわよね。この句は誰もが経験する、将棋あるあるね。才能アリよ」
浜ちゃん「先生がまた才能アリって言うた!よしよしこの調子!」

作品その8
・銀河戦 いったい誰が 観てるんだ

なつい先生「これはストレートの直球で来たわね。私の心にズドーンとストライクよ。センスあるわ。ホントに、銀河戦まで観てる将棋ファンって、地球上に何人いるのかしらね?私は会ったことないし、ネットでも銀河戦の話題はほとんどないわね。句として才能アリよ」
浜ちゃん「またまた才能アリ!残りあと二句ある?じゃあ次、行ってみよう!」 

作品その9
・姉弟子に 言われてみたい 「ぶち殺す」

なつい先生「これは『りゅうおうのおしごと!』を知っている前提の句だわね。主要キャラの空銀子の口癖が『ぶち殺すぞワレ』なのよ。ついでに足で壁ドンをしてもらいたいと思ってる読者が多いんじゃないかしら。『りゅうおうのおしごと!』は名作だから、ぜひアニメを観るか小説を読んでもらいたいわね」
浜ちゃん「先生、直しは?」
なつい先生「銀子の性格を直しなさい、と言いたいけれど、直ったら面白くないわ。このまま超ツンデレのままでいてほしいわ。この句は才能アリ」
浜ちゃん「空銀子は面白いよなあ。よし、最後、ラストの句を行ってみよう」

作品その10
・将棋とは 藤井聡太が 勝つゲーム

なつい先生「昔、羽生が勝ちまくっていたとき、『将棋とはどんなゲーム?』という質問に対して、『将棋とは羽生が勝つゲーム』って言われたわ。今後は藤井聡太が活躍してたくさん鬼手を見せてくれるはずよ。まさに今の将棋ブームは聡太さまさまよね」
浜ちゃん「先生、この句は才能アリですか?」
なつい先生「いや、この句は平凡よ。才能アリは、藤井聡太の将棋の才能よ。聡太は将棋の才能アリ1位!未来の8冠、永世名人よ!」
浜ちゃん「なつい先生、前回とオチが同じですやーん」
ナレーション「なつい先生も認めた藤井聡太の才能、今後も聡太に大注目ー!」 END
(この記事はフィクションです)