囲碁将棋チャンネルを解約してしまっている私。
しかし、毎月、第一日曜日はスカパーの開放日で、ほとんどのチャンネルが無料で観れる。(スカパーが映る設備は必要)
そこで私が楽しみにしているのが、「T.S.R 2005 -つるの剛士の将棋列伝-」。
つるのさんが町道場を巡り、普通のアマチュアと指すという企画。
それをプロ棋士が解説してくれる。1年3ヵ月、続いたとのこと。
2005だから、もう16年前の番組だ。囲碁将棋チャンネルのお家芸の、再放送だ。

でもこれが面白い。とにかく、プロの対局と違って、指している内容がわかりやすい。これに尽きると言っていい。
30分以内で一局が終わり、時間も短い。解説のプロの先生の指摘も的確だ。プロの先生もリラックスしており、普段の性格が見て取れるのも貴重。
アシスタントの、ゆりなちゃんはあまり将棋が分かっていないようだが、かわいいので良し。

惜しむらくは、つるのさんが番組開始早々の時点で三段をもらっちゃってること。
私の見る限り、つるのさんは初段あるかどうかだ。三段なんてもらうから、相手が強い人になり、それで連敗を重ねることになっている。途中で降段しているが、二段ではまだ甘く、初段からやり直すべきだろう。

プロどうしの難解な将棋より、アマチュアどうしの易しい将棋のほうが、今の私には合っている。次の7日の日曜日の放送が楽しみだ。