開始日時:2023/04/22
棋戦:R対局 早指し2(猶予1分)
先手:初段の人
後手:GizumoのセカンドHN

▲2六歩
*私は後手。角換わりの一局。短手数で、居飛車党は必見だ。
△8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7六歩
*先手は、この手で角換わりに誘導する。
△3二金
*横歩取りが嫌いな私は迷わず△3二金だ。
▲7七角 △3四歩 ▲6八銀
*ここから角換わりになるのは定跡。
△7七角成 ▲同 銀 △2二銀
*ここで先手がすぐ▲2四歩だと、歩交換のあと△3五角で後手が馬を作れるので、▲2四歩は成立しない。
▲4八銀 △3三銀 ▲3六歩 △7四歩
*この歩は早いようだが、何かのときの△7五歩を狙っている。
▲3七桂
*何やら、先手が不穏な動き。
△4二玉
*先手からの急戦を受けておいた。
▲4六歩 △6二銀
*ここまでは、充分にありうる進行。
▲4五桂
*これが先手の狙い。△6二銀で、後手の飛車の横利きが止まった瞬間を狙っていたのだろう。
*後手の対応としては、△2二銀も△4四銀もあると激指先生。
△2二銀
*どうなるのか、私は引いて受けてみた。▲4五桂は取り切れるのか?
*後手の受け方としては、△4四銀が無難で、そのあとは▲2四歩△同歩▲同飛に△2二歩と低く受けておいて互角だそうだ。
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛
*攻めて来る。この次の後手の手が疑問手だった。
△2三歩
*これがもう疑問手。すぐ打つ必要はない。代えて、△5五角かまたは△7三銀がいいと激指先生。
▲3四飛
*もう一気に600点ほど先手良しになった。恐るべし、▲4五桂跳ね。
△7三桂
*次の▲5五角を受けた手。後手が何もしないと、▲5五角以下、▲2二角成△同金▲3一銀で終わる。
▲5五角
*でも打ってきた。▲2二角成が異常に受けにくい。もう後手が困っている。
△3一玉
*▲2二角成に△同玉と取れるようにしたのだが、▲5三桂成が発生してしまっている。
▲2四歩
*これも厳しい。放置すれば▲2二角成△同玉▲4一銀がある。もうサンドバッグ状態(笑)
△4四角
*これでなんとかならんか、と打ってみたのだが。
▲同 角 △同 歩 ▲4三角
*ぎゃああ。詰めろ金取り。ひどすぎる。35手で完敗であった。orz
*この早い▲4五桂への対応策は、角換わりを指すなら絶対に知っておかねばならないだろう。
まで35手で先手の勝ち