熟練した人間の棋譜との指し手一致の度合いを測る目的関数を設計し、
これに停留値を与える静的評価関数の特徴ベクトルを求める。
そしてこの特徴ベクトルがゼロとなる自明な解を除去し、棋譜サンプル数の不足に
起因するオーバーフィッティングを回避するために、ラグランジュ未定乗数法と
いうものを用いて、目的関数に拘束条件を課した。
目的関数の停留値であるが、これは静的評価関数の勾配を用いて探索される。
これは、古くから知られている最適制御理論の枠組みに沿った手法なのである。

上記の文は「ボナンザvs勝負脳」28ページから、抜粋しました
なんだこれは、保木さん、いったい何書いてんの、全然わからんよ・・・orz
代わりに「あさりちゃん」を読んで、逃げている自分がいる・・・泣