佐藤康光二冠vs三浦弘行八段 準々決勝第3局
解説 青野照市

後手になった康光の作戦が注目された 康光は3筋の位を取った変則四間飛車、
対して先手三浦は居飛車穴熊で対抗した
先手が3筋から攻め、自然な駒運びでやや良しか、と思われたが、
後手も右の金、銀を玉側に寄せて、気がつけば銀立ち矢倉のいい構えになっていた

そしてさらに飛車を6筋に展開して、攻め続ける康光、
こういう玉を左にもっていく構えは、たしか藤井が指していた将棋で
似たようなのがあった気がするが、変則戦法を使いこなしている康光はさすがだ 

自分は居飛車ばっかりで、振り飛車は全然指せないんだけど、
こんな風に振り飛車を指せたら、さぞ面白いだろうなあと思って見ていた

康光の攻めが好調に続き、もう終局か、と思われたが、
▲2八飛と王手に打ち、▲7八飛として、後手の銀を取って守る手がある!
一気に形勢はもつれた 青野の「穴熊は意外なねばりが効くことがある」の発言的中、
まさに穴熊恐るべしだ 今から思えば、△7八銀と打ったのがどうだったのか
後手は他の攻め筋があったかもしれない
最後は三浦はトン死してしまったが、見ごたえのある大熱戦だった

本局は完全な手将棋で、序盤の駒組み、中盤の攻めの構想、
終盤、もつれてからのドキドキ感、一手一手見ごたえがあり、
準々決勝としてふさわしい一局だった 
最近NHK杯が面白い、うれしいね(^^)