鈴木大介六段著(段位は当時)の、「攻める振り飛車」の116ページに、
ミニコラムが書いてある <私の将棋上達法>という文章だ
これが自分の考えとあまりにピッタリで、すばらしい内容と感じたので、
それを抜粋しようと思う
本当は全文を載せたいけど、なんか著作権法にひっかかりそうだからやめておく(^^;

<私の将棋上達法>~楽しんで指す~
(前略)私は「長続きさせる」ことが結果的に一番の上達法だと思う。
そのために絶対必要な要素は、「指している本人が楽しむ」ということだ。
同じ三十分の将棋の勉強をしても、集中していた場合と、嫌々考えた場合とでは、
その効果は最小でも二倍、最大では十倍も違うことがあると思う。
(中略)「自分が楽しめる」ということを最も重要視していくのが、
結局は一番早く上達するコツなのではないだろうか。