第16期 銀河戦
本戦Dブロック 7回戦
浦野真彦七段 vs 北島忠雄六段
対局日: 2008年2月15日
解説:飯野健二七段
聞き手:千葉涼子女流三段

今期ここまでの戦績は、北島15勝11敗、浦野8勝12敗
2人の対戦成績は北島の1-0

先手北島の居飛車、後手浦野の△4三金型向かい飛車に進んだ

この対局なのだが、あまりにも一方的な展開だった
序盤の▲5八金の一手が早くも疑問で、そこからあとは先手にいいところがなかった
北島は、浦野が振り飛車で来ることを軽視していた、との感想だった
うーん、北島、なんとも不出来な一局だった
北島は、第14期の銀河戦で8連勝、森内名人にも会心の指し回しで勝った記憶が強いだけに
この内容は残念だ 北島は安定感がある印象だったのだが・・・

浦野にしてみれば、向かい飛車にして、美濃に囲ったあとは、もうやる手がなく、
あとは攻めるのみだったわけで、それほど会心の一局というわけでもないと思う

今日見た銀河戦は、正直言ってどれも内容がいまひとつだった
明日はNHKの子供名人戦を見る予定なので、そこでは元気な将棋に期待している