4~5年前まで、自分は「かため」の歯ブラシで歯を磨いていた
しかし、どういうわけか、2週間もすれば、歯ブラシの毛先が開いて、ダメになってしまうのだ
なんでだろう?と思い返すと、そういえば昔、こんなことがあった

高校生時代のことだが、クラブで合宿にいったときのことだ
夜、自分は友だちといっしょに、洗面台で歯を磨いていたのだが、
そのとき、なぜか、となりにいた友だちがいきなり大笑いしだした
自分が「??」と思っていると、なにやら自分の歯の磨き方が、おかしいらしいのだ
そういえば、自分の磨き方は、歯ブラシを左右に動かすのと同時に、首を左右に振るのだ
つまり、歯ブラシの動きとは逆に、首を左右に振り動かして、
歯みがきの効果を倍増させる方式だったのだ
これは誰に教えられたわけでもなく、自分独自であみだした方法だった
しかし、この磨き方は、そばで見ている友だちに言わせれば、
歯を磨いているその姿が、すごく笑えるようなのだ
「うーん、まあしかし、ふだんはひとりで磨くわけだから、誰に見せるものでもない、
もうクセになっていて、直すのもめんどうだし、このままでいいや」と思って、放っておいた

しかし、それから何年かして、歯医者に行ったときのことだ
歯医者「うーん、虫歯は小さいのがあるけど、それよりも歯が全体的にすり減ってますね
     強く磨きすぎじゃないですか?小さい力で軽く何回もこするのがいいですよ」
自分「げっ、そうなんですか・・・」
それから、「かため」の歯ブラシから、「ふつう」に替えて、軽く磨くのに挑戦してみたが、
毛がやわらかすぎて、どうにも磨いた気がしない
それにやっぱり、歯ブラシの毛先がすぐダメになる
どうしたものか・・・と思っていると、この問題を電動歯ブラシが解決してくれた
ホームセンターで売っている400円くらいの物、これが自分にジャストフィットした
これなら、勝手に電動の振動でこすってくれるので、手を左右に動かす必要がない
もちろん首も左右に振ることもない 毛先も、一ヶ月以上もつようになった
やっと、歯みがき問題が解決して、最近はほっとしている