第16期 銀河戦
決勝トーナメント 2回戦 第4局
三浦弘行八段 vs 櫛田陽一六段
対局日: 2008年8月22日
解説:森内俊之九段
聞き手:安食総子女流初段

クッシー登場、オーソドックスな四間飛車で三浦相手にどこまで戦えるか、楽しみな一戦
過去の対戦成績は三浦の2-0
クッシー四間飛車、三浦居飛車の対抗形かと思いきや、三浦に相振り模様に誘導された
相振りを嫌ったクッシーは居飛車にしたが、▲6六歩を突いてからの居飛車は、
やはり実戦的にやや不利なようだ 三浦に石田流+穴熊に組まれた

本局はこの三浦の作戦が勝因と言っていい内容だった
クッシーは7筋位取りにしたが、穴熊相手では効果がなかった
持ち時間がもっと長ければ、居飛車側ももっと戦えたのかもしれないが・・・
右側の折衝で三浦に攻め駒全てを捌かれ、一方的になってしまった
中盤で▲6四歩の突き捨てが入っていれば、▲6八歩と受けることができたが、
本譜は入れ損ねた 

終盤、三浦の△3八飛~△3五角の攻め筋はお見事だった
一見、桂取りに△2八飛と打ってしまいそうなところだ
しかし、先手に3筋に飛車を打たれないように△3八飛と先着し、
角を△3五角と出るのが一番早い攻めだったのか、感心した
結果、三浦の全く危なげない完勝だった

三浦「(次は森内戦だが)大変な強敵なので、気を引き締めて望みたい」とコメント

ここ2局は森内の解説だったが、よくしゃべってくれ、良かったと思う
それに森内って、前からこんなに明るかったっけ、と感じた 
安食「森内さんはこの2人と勝った方と対戦ですね」
森内「あ、そうですね、忘れていたんですけど、言われると気になってきますね(笑)」
安食「すいません(^^;」
こんなやりとりがあったし、森内のほうから「安食さんなら、ここはどう指したいですか」と振る
場面も何回か見られ、テレビ慣れしているのが伝わってきた