のびのびしみじみ5手詰
内藤國雄著 2008年7月 日本将棋連盟 1100円+税
評価 B 難易度 ★★★
コンセプト<実戦形の5手詰を100問>

ごく普通の5手詰集です
レイアウトが変わっていて、湯のみのデザインの中に将棋盤がありますね
背景の将棋盤の色は、うすいクリーム色です
見やすいので、個人的に好きですね
姉妹本の、「のびのびしみじみ7手詰」のほうは、将棋盤がうすい緑色だったので、
目が慣れるのに時間がかかりましたが、こっちは大丈夫です

帰省するとき、私は電車の中で解いていましたが、駒が大きくて見やすいのでよかったです
それと、一問解くたびに、一ページめくることができるので、早く進みます
これも個人的に高ポイントでした
何しろ、私はこの一年、全くと言っていいほど
詰将棋をやりませんでしたから、こういう本を探していたのです(^^;
この本の半年前に出た「のびのびしみじみ7手詰」は、20問くらいで挫折していましたので・・・(笑)
全部5手詰なので、最後まで解くことができ、
私に自信を取り戻させてくれた、貴重な本になりました

ただ、作品の質はどうか、というと、それほど特にいいとは思えませんでした
ごく普通の詰将棋ですね 何か、作品からくるイメージが一つ一つバラバラな印象でした
2問わからなくて答えを見て、2問は間違えました