注:最初にアップしたのは朝の6時頃でしたが、昼の1時頃、激指4で検討してみた結果、
色々わかったことがあったので大幅にコメントを書き直しました

昨日は友人Nが来たので、一局指した
自分は実戦はすごくひさしぶりだ
Nは「最近、全く将棋に接していない」と言っていた
チェスクロックを使用し、持ち時間は、Nは6時間(事実上、無制限)、自分は一手1分未満

ファイル名:友人Nvsギズモ.kif
先手:友人N
後手:ギズモ

▲7六歩
*振り駒なし、Nが先手
△3四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲3八銀
*早くもNが変化してきた
*NHK杯を見た直後の対局だったので、田村の真似をしてみようと思い、次の手を指した
*しかし、ここでは自然に△8四歩が良かったか 
△3三角
*角を上がってみた
▲同角成
*交換に来る うん、NHK杯みたいになった
△同 桂
*次のNの一手は、全く想定外な一手だった
▲7七角
*なんだ、これは?いきなり角を手放してくれて、ありがたい、と思ったのだが・・・
△2二銀
*とりあえず2筋の防御
▲2五歩
*ここで自分は考えて気が付いたのだが、▲7七角のおかげで、△4四歩と突くことができず、△5二金~△4三金右はもうできなくなっている
△4二飛
*いまさら玉を2筋方面に囲うのも,角の睨み筋に入って変と思ったので、四間に振った
▲4六歩
*腰掛け銀にするのか?
△6二玉
*玉は飛車と反対側に囲うよね
▲2四歩
*自分も気になっていた手
△同 歩 ▲同 飛
*ここが本局一番の問題だった ▲4四歩なら穏やかだった
*実は、△2五歩が成立すると思っていたのだ
*しかし、△2五歩▲2二飛成△同金▲3一銀で、自分の負けじゃないか、危ないと対局中は思ったので指さなかった ところが、激指4によると、△2五歩もあったようだ 分岐します
△2三銀
*△2三歩は、▲2八飛と下がられておき、あとの桂頭攻めが受けにくい 作戦負けだと思った
*ここは▲同飛成と切る手も考えられた 分岐します
▲2八飛
*Nは切る筋も考えたそうだが、怖いのでやめたとのこと 自分も読みきれず、冷や汗ものだった
△2四歩
*とにかく収まった
▲4七銀 △7二玉
*さあ、ここからは駒組みだ
*と思っていたら・・・
▲7八飛
*げっ!!振り飛車にする手があったのか!?
*あらあ、こうなっては2三の銀と3二の金が完全にバカな駒になっている うわあ もう作戦負けだ
*△5四角と打っても、▲3八金△7六角▲3三角成でダメだ
△4四歩
*▲7七角の自陣角の一手が、実はとてもいい手だったのかも・・・N恐るべし!
▲3八金 △6二金
*なんだか、もう後手玉はどう囲っても堅くならない
▲4九玉
*この構想はどうだったかな 先手は居玉のままが良かったと思う
△4一飛
*ここは△4五歩といって、一歩交換するべきだった
*△4五同飛のときに▲4四歩で飛車が閉じ込められるのが怖かったのでやらなかったが、それなら△4六歩~△4七角の打ち込みで勝負だ
▲3九玉 △2五歩 ▲2七歩 △3五歩
*2三の銀を働かせなければ、勝負にならない
*次に▲3六歩には△同歩▲同銀△3四銀▲3五歩△4三銀と繰り換えるつもりだった
*しかし、次でNは悪手を指してしまう
▲7五歩
*悪手 次の後手の一手が受からない
△7六角
*いきなり後手が優勢になった
*しかし、まだここでは▲7四歩という手があった
*△同歩なら▲5五角で、いきなり逆転だ
*激指4によれば、▲7四歩には△6七角成で先手がだめなようだ でも実戦ではアヤはあったかもしれない
▲6八飛
*こう受けちゃったか
△8七角成
*以下は、自陣に馬を引き付けて、先手に勝負所は無く、後手の勝ちになった しかし、序盤の2筋の折衝で変化が多く、難しい序盤だった Nの自陣角から一歩交換して飛車を振る構想は見事だった
*自分には、△3三角戦法のような力戦の変則戦法は、指しこなせないというのが率直な感想だ

変化:19手
▲同飛成
*切る手があったがどうか
△同 金 ▲2四歩
*この歩が取れない、と対局中は読んでいた
△2二金 ▲3一銀 △3二飛 ▲2二銀成 △同 飛 ▲3三角成
*これで、もう敗勢、うかつすぎる△2三銀だった、と対局中は思っていた
*ところが△同金▲2四歩の瞬間、△2八飛と打つ手があり、その後変化はあるものの後手が指せるようだ ここは長手数の読みが必要とされる難しい変化だった

変化:18手
△2五歩
*こう打つとどうなるのか
▲2二飛成 △同 金 ▲3一銀 △5一角
*これで互角とのことだ さすがコンピュータ、こんな角打は、そうそう人間が読めるものではないね(^^;

30日追記:序盤のNの▲7七角は、厳密にはやはり先手の損ですね
後手だけ角を手持ちにしている、というのが大きいです
しかし、実戦的には、居飛車党の私に、振り飛車にさせたという意味がありました
Nは私が居飛車しかやらない、というのを知っているしね
そして相振り模様にもちこんだのも、Nは持ち時間無制限、自分は一分だから、
局面の変化が多いので、Nに有利です なかなかNは策士と思います
今回、Nは△8七角成までで合計1時間半くらい使ってました
Nが24で指したら、「15分」で指しても持ち時間が短すぎて、10級もいかないと思います
それでも、居飛車から振り飛車にして、後手の2、3筋の金銀を空振りさせようとした発想は
すばらしいと思いました