広瀬章人五段vs阿久津主税六段 3回戦
解説 渡辺 明

あらあー、阿久津負けか
結局、終始広瀬ペースだった

先手広瀬の四間飛車穴熊、後手阿久津は左美濃の高美濃という戦型
後手は飛車先を突いていないのが工夫

先手が2九の桂を▲3七桂~▲4五桂と跳ねる展開で、この桂が働くか取られるか
という勝負になった
感想戦では、この桂は死ななかったとのこと 先手の攻めは成立していたのだった

阿久津は△3六銀と打ってしまい、この銀が狙われるハメに、
あとはずーっともう広瀬のペースで、広瀬の快勝に終わってしまった

もう▲4五桂と跳ばせて攻めさせてしまった阿久津の構想がどうだったか、
というのが敗因だそうだ うーん、穴熊の2九の桂を跳ねる順は、なかなかうまく
いかないことが多いんだけど、今回は成功した例だった

最後の△3七銀にも冷静に玉を逃げて対応、広瀬はしっかり読んでいる
渡辺は後から△2五銀捨ての妙手に気が付き、もし▲同角なら事件発生だった(^^;

穴熊を指す、ということが事前にもう相手にわかりきっているのに、それでも穴熊で勝つ広瀬、
ここまで穴熊ばかりだともうすがすがしい 
これからも穴熊一本で、穴熊道を極めて欲しい