第17期 銀河戦
本戦Fブロック 5回戦
阪口 悟四段 vs 佐藤天彦四段
対局日:2008年12月19日
解説:佐藤紳哉六段
聞き手:鈴木環那女流初段
記録:井道千尋女流初段

土曜に放送された分
20年度の成績は、坂口11勝10敗、天彦29勝8敗 2人は初手合い

先手坂口の向かい飛車、後手天彦が居飛車
角交換の力戦になった

角交換の後、坂口は早々に▲4六角と自陣角を打った
6四の歩を取りに行くだけの手なので、これは考えにくい手だ
ここで解説の紳哉が指摘していたが、△6五歩として、▲同銀なら△3三角と打つ手を
狙えばどうなっていたのだろう?はっきり後手良しに思うが・・・
見ていて本局で最大の疑問点だった

その後、持久戦になり、打った角が働いている展開で、坂口がややリード
しかし、ここから天彦の追い上げがすごかった

△6八歩と焦点の歩打ち、△4五銀と取られるところへ銀を出る勝負手、
△4六歩と突き捨てて、後に飛車が4六へ来るように誘導した手、
極めつけは、どうぞ飛車を成ってください、の△3五銀
これが決め手になった 銀河クラブでも、遠山がこの手を絶賛していた
△3五銀は、飛車を攻めながら2四の地点を守る攻防手だったのだ
これが△4五銀だと、2四に利いていないのでダメなのだった
これだけ正確に指されたら、もう坂口としてはお手上げっぽい

感想戦で、変化順が検討されたときに、天彦の自信にあふれた感じが伝わってきた
「変化はあっても、最後はなんとかなって自分が勝つだろう」という雰囲気だった

天彦と言えば、フリークラス入りを蹴ったことが有名だが、
これだけ終盤力があれば、三段リーグを抜けれる自信があるのもうなずける
前期銀河戦のvs斎田女流の一戦での、自玉の打歩詰め打開の筋まで読んでいたことは
記憶に新しい

天彦、銀河戦で今2人抜きだが、今の勢いなら相当勝ち抜きそうだ