森内俊之九段vs渡辺 明竜王  準々決勝
解説 高橋道雄

永世名人と永世竜王の対決
先手森内で矢倉模様の力戦になった
ありがちな形でなく、先手は居玉のまま、後手もひとつ玉を寄っただけという、超急戦の展開
5筋を争点にもう止まらない戦いがいきなり始まった これは面白い

駒得した先手だが、居玉で技がかかったら終わり、
しかし森内は見事に見切り、受け切った
▲5七角の引き場所は、高橋もびっくりしていたが、
発想として、自分にも絶対にない手だった

森内は、桂を取る前に▲2四歩と突き捨てておいたのだが、この辺が抜かりないところだ
手順に角を飛び出し、▲5七角の妙手を指すことができたわけだ

渡辺も手をつくしたけど、どうしても1枚足りなかった
森内は最後は鮮やかな飛車捨てで即詰みで討ち取った
トッププロはこうでなくっちゃね
いやー、見ていてドキドキした レベルの高い居玉急戦は、やっぱり面白い

惜しむらくは、解説だった 解説は高橋だったが、やや雑談が多かった、という印象だった
激しい内容だったので、もっと色々な変化を解説しまくってほしかった
定跡形が得意な高橋さん、この力戦についていけず、雑談でごまかしていた感が・・・(^^;
高橋さん、仮に順位戦でA級に上がっても、苦労しそうだなー、と思った

相穴熊が3局連続のあと、こういう将棋ですか なんか落差が大きすぎてとまどってしまった(笑)