久保利明八段vs行方尚史八段 準々決勝
解説 福崎文吾

この将棋、始まる前から波乱だ 解説になんと文吾さんか
大丈夫か、笑いはOKでも、指し手のほうの解説はどうか(^^;

で、内容のほうも大波乱、戦型はなんと相振り、そして終盤、大逆転!
△5九飛成で、もう行方の必勝形かと思っていたら、
そこから久保の大逆転勝ち!▲8四歩を取らなかっただけで、もう逆転してるの?
これが今の久保の勢いか!すごいよお

始まる前の自分の予想で、さすがにこれは久保が勝ちだろう、と思っていた
久保さん、今年度の成績も相当いいらしいし、
棋王戦で最近の久保の絶好調ぶりを目の当たりにしたからね

先手久保で戦型は相振り 久保の中飛車+穴熊、行方は三間+美濃
途中、行方が小刻みに時間を使い、考慮時間が▲久保残り9回、△行方残り2回まで差が開いた
時間的に久保が有利だ ところが、いざ局面が進んで、行方の角切りの強襲から飛車成りが実現、
あっというまに行方が勝勢になってしまった
残り時間も差がなくなった
あらあ、これは大差だ NHK杯ではここで久保は負けたのか、と思った

自陣の金取りを放置で▲8四歩っていうのも、やけくそみたいな手、
これじゃあ勝てない、と思った が!
なんと、これを行方が取らなかったがため、もう逆転していた???
たしかに、手付かずだった美濃囲いが、もう8筋の歩だけでバラバラに!
もうすでにこの後は久保の勝ち筋という感想戦、
なんでだ・・・

文吾さんの解説に、振り回された人が自分以外にも多数いただろう
正確な局面の形勢判断ができた人がどれだけいたことか(^^;
これ、後手が角を切ったあたりから、もう一回見ようと思う(笑)

文吾「行方さんは終盤、一気に力を発揮するタイプです
貯金箱がいっぱいになるまで貯めておいて、ジャラジャラさせておくんです
貯めておいてから割るので、すごいものが買える、というタイプです」
こんなギャグに笑っている場合じゃなかったよ、この将棋は・・・

これが久保の今の勢いというものなのか、怖いくらいの勢いだ
すさまじい逆転だった
今の久保のパワーがそのままでた、久保の逆転の名棋譜が出来上がった

ベスト4には、久保、羽生、康光、森内と、すごい四人がそろった
くうー、誰が優勝するのか、目が離せない
来週が事実上の決勝か 久保vs羽生の大一番!!