第17期 銀河戦
本戦Eブロック 6回戦
近藤正和六段 vs 豊島将之四段
対局日: 2008年11月28日
解説:遠山雄亮四段
聞き手:本田小百合女流二段
記録:井道千尋女流1級

20年度の成績は、豊島14勝8敗 近藤7勝10敗 2人は初手合い

先手豊島の居飛車、後手近藤はゴキゲン中飛車だ
序盤早々、後手が9筋の位をふたつ伸ばした手を見て、豊島が2筋から積極的に仕掛けた

勢い良く▲3四飛と横歩を取った豊島、竜を作り、その竜で近藤の飛車を押さえ込み、
完勝した 最後はものすごい差がついてしまった(^^;
考慮時間も、豊島は6回余して勝った

解説の遠山「近藤六段としては、そんなに自分が悪い手を指した気もないと
思っているでしょうけど、気がつけばうまくやられていましたね」
「豊島四段のいいところばかりが出た一局、近藤六段は指した手が全部マイナスにされた」
との総評だった

感想戦で近藤は2筋の折衝で、「△3二金と上がるのはくやしい」と言って、
角交換から△2二飛とぶつけていたけど、
後手は端の位を確保しているんで、△3二金は仕方ないんじゃないか、と見ていた自分は思った
ただ、さすがに近藤、▲3四飛のときに、横歩を取られたのを無視して、△7四歩~△6四歩と
いう筋を指摘していた 「取らせてその間に自陣の整備」というのは面白い発想だった

印象に残ったのは、1一のと金が、また使える展開になったことだ
豊島は、と金で香車を取ったのだが、この1一のと金がまた働いてくる展開を
豊島は予想していたのだろうか?だとしたら、豊島かなり恐るべしだ
感想戦でも検討していたが、手を渡されて後手にはさしたる手がないようだった

結果的にゴキゲン破りのお手本のような一局になった
中盤以降の豊島の指し回しは落ち着き払っていた
豊島18歳、近藤37歳、どっちが年上だかわからない(^^;
こんな風に勝てたら、気持ちいいだろうと、居飛車党の自分は思った一局だった