さあー、今日は関西会館での対局、現地の大盤解説会やでえ、と勢いこんで
行ってきましたが・・・ うう・・・ 結果も、将棋の内容も、解説会の内容も期待はずれに・・・orz

PM5時から始まった解説会、お客のほうは、用意したイスが満席になるほどで、
70~80人くらいきていた

解説者は畠山鎮七段、聞き手に室田女流、そして、戦型は久保の▲四間vs康光の△棒銀
ここまではよかった、ここまではね
しかし、「対局が終わったら対局者が2階の解説会の会場に降りてきて、
しゃべってくれる」というスケジュールがあるため、
畠山さんの解説が早足になることになってしまった

ええー、そんな早足の解説じゃ、ついていけないよー、しかも、いつのまにやら
久保がもうだいぶ追い詰められてるような気がする
畠山さんも「久保さんが苦しい」とのこと

解説用の棋譜が現在の局面に追いついて、なんとか久保さんの逆転の筋を探すものの
見つからない、それどころか形勢は悪化する一方、
もう康光の駒が全部久保陣の急所に利いている
これはもうどう考えても逆転は無理
ほどなく久保投了 くうー

解説会の会場に、康光、久保の両者が降りてきてくれて
しゃべってはくれたが、どこが敗因かわからない模様
しかもしゃべっている内容が高度すぎて、自分にはわかんねー
ただ、久保「ずっと悪いと思ってました (局面が一段落したワカレのところは)
歩切れでもう自信がない」
康光「棒銀は予定ではなかったんですけど、なんとなくやりたくなった」とのことだった

くうー 今回の解説会、期待したのにいい 時間も、7時ちょっとすぎたくらいで終わってしまい、
短かったよお うう 次の30日の第5局も行くからな!
とりあえず、これでアップしておく 今日中にもう一回、ちゃんと書いてアップするからな!
今から、タコ焼きをやけ食いするからな!