森内俊之九段vs羽生善治名人 決勝
解説 渡辺明

ええー、すげえええええええええ
何、この大熱戦!!
げええ、最後、羽生マジックの△9四歩出たアアアアアアア
マジですげえわ これは・・・
渡辺も再三の絶賛の一手、端を一つ突くだけで勝敗を入れ替える△9四歩!!

「まさに 神の一手を目指す者の力を 2人に見せつけられたよ
私もまた心に刻もう 羽生善治の名を」

って、もう羽生のすごさは何回も見てきたと思ったけど
今回もまたものすごかった!!

先手森内で、相振りになった
森内の▲四間+矢倉、羽生の△三間+ボナンザ囲い
羽生の囲いはいわゆるボナンザ囲い △7二玉、△7三銀、△5二金左、△6二金直の形

羽生が攻め、森内が受ける展開
森内の考えにくい好手、▲4八玉で、羽生の攻めは切れ模様
しかし羽生も△4四銀の銀のタダ捨ての奇手を放ち、攻めをつなぐ
森内玉が下段に落とされ、逆転で羽生の勝ちか

ところが、森内は玉一枚になりながらも、
玉を左に早逃げして逃れていく うわ、これが寄らないのか 

羽生は攻め駒が足らず、あとは森内の攻める番、ああ再び逆転で森内の勝ちか、と
思われた、最後の最後、秒を9まで読まれて出た、
羽生の玉の逃げ道を空ける絶妙手、△9四歩!!
羽生玉は7二にいるのに9筋の歩を突く手があったなんて!!
結果、羽生玉が逃げ切り、羽生の勝ち・・・!!

いやもうこれは・・・ またNHK杯史上に残る名局が誕生したね
△9四歩は神の一手かも・・・ 羽生、すげえええええ! まいりました!