女流代表決定戦  
解説 森内俊之 聞き手 中井広恵

女流のNHK杯枠1人を決める、女流4人によるトーナメント

まずは矢内vs清水 先手矢内の矢倉、後手清水の右四間
この2人、またこの戦型、矢内も負けず嫌いだなー(^^;
女流名人戦第5局とたぶん同一局面に進み、矢内の新構想、
一手パスに見える▲8六歩、が出た これは意味がわからないが、なにか作戦なのだろう
この手に対し△4四歩としたのが玉のコビンを空けて、損だったようだ
ここから森内賞賛の手順で矢内が優勢を築いた
しかしそこから逆転、また逆転で矢内の勝ちになったとのこと

次は石橋vs里見 里見の4手目△3三角戦法で石橋の勝ち

いよいよ矢内と石橋の決勝戦
先手石橋で、なんと相矢倉になった それも本格的な戦型だ
森内は「なんで女流は相矢倉が少ないんですかね」と言っていたが、 
それは難しくて指しこなせないからだと自分は思う(^^;
この将棋でも、駒組みで銀を上がるタイミングとか難しかった
森内の解説がなければ、一手のミスで終わってしまう局面ということがわからないところだ

中盤、矢内が馬を作ることに成功したのに対し、石橋が4六の銀を▲5七銀と引いたのが
ありえない発想!ここは攻め合いという発想しか浮かんではいけないはず・・・
自分は見ていて「うえっ」と叫んでしまった
ここまで、両者まずまず解説の森内の言うとうりに指していただけに、ああーという感じだった
森内もびっくりして「(矢内さんは当然)桂を跳ねますね、これは(^^;」と言っていた

石橋は▲5七銀以後、ずっと守勢になってしまった
矢内のうまい手順での飛車の捕獲が決まり、矢内の勝ちになった
やっぴー、NHK杯初出場決定!

森内の解説のうまさが印象に残った
自分としては応援していた矢内が勝ってうれしかった
矢内は、本戦ではどうなるか 相矢倉はやらないほうがいいような・・・
ぜひ、がんばっていい内容の将棋を見せてほしい!