第17期 銀河戦
本戦Hブロック 7回戦
窪田義行六段 vs 高野秀行五段
対局日: 2009年3月5日
解説:飯塚祐紀六段
聞き手:早水千紗女流二段
記録:井道千尋女流初段

20年度の成績は、高野11勝16敗 窪田19勝11敗 2人の対戦成績は窪田の3-1

先手高野で、▲居飛車穴熊vs△三間石田流+美濃囲いの対抗形になった

高野が攻め切るか、窪田が受け切るかの展開
窪田も金銀4枚と飛車の横利きも通して、攻め切るのも難しいかと思ったが、
高野が非常にうまく指し回し、快勝した 高野の会心譜と言っていいと思う

この日の高野は気合いが入っていた ビシッビシッと駒音高かった
飯塚「窪田さんも粘り様がなかったですね」とのことだった

もう一回棋譜をざっと見直したが、高野の流れるような手順、見事だ
一手のミスもなかったんじゃないだろうか
最後の一手だけ見ても、駒得に目がくらんで▲7一銀と打ってしまいそうなところだ
▲6三銀で、受けなしかあ 

両者の棋風について、
飯塚「高野さんは折り目正しい正統派、窪田さんは他の人と違う独自の棋風」とのこと
さらに、飯塚「(次の一手の予想で)高野さんの手は当てれると思うんですけど、
窪田さんの手は当てられませんね、窪田さんは、ガラパゴス諸島で独特の生態系で
生きている感じ」とのことだった
これには聞き手の早水も笑っていた

早水さんは笑い上戸なのだろう、いつもちょっとしたギャグでかなり笑っている(^^;
今回も笑いが絶えず、10回くらい笑っていたと思う
いつか、自分のギャグで早水さんを笑わせる機会はないものだろうか?