最近のことだが、先手になったとき、▲7六歩△3四歩▲4八銀、と指すようにしている
ギズモシステムと言えるかもしれない
これがけっこういいと思っている
(まあ、英春流と同じ出だしだけど)

今までは、先手になったら、飛車先を伸ばすようにしていたのだ
横歩取りをやりたくないためだ 
自分が先手だと、▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角・・・というように大概なっていた

ところが、飛車先を伸ばして思うことだが、あんまり効き目がないのだ
後手の△3三角は、角に桂馬のヒモをつけて、有効な手だと思う
居飛車のほうは、2手も費やしたのに、効果がいまひとつだと思うようになった
振り飛車相手だと、苦労して2筋を突破しても、それが勝ちにはつながらないことも多い

さらに、この頃の対振り飛車の将棋では、▲2五歩が狙われることが多い
△2五桂とポンと取ってくる振り飛車の戦法だ

それなら、はじめから飛車先を伸ばすのはやめたほうがいいのではないか、
それがギズモシステムの発想だ
振り飛車党を相手に、3手目▲4八銀は、マイナーだが今までにもあった戦法だ

さて、問題は、相手が居飛車党だったときだ
4手目△8四歩にはどうするか? ▲7六歩△3四歩▲4八銀△8四歩、
このときが問題だ
答えは簡単、こちらから▲2二角成、と角交換をしてしまうのだ
一手損をするが、角換わりの将棋にしてしまうのだ 
角換わりは自分は好きだから、これでいいのだ

一応、主張もある 相手は、△8四歩、と飛車先を伸ばしてしまっている
こちらはまだ▲2六歩を保留している 右四間にしたときなどに、▲2六歩は突いていないほうが
いいときもあるのだ

先手番、後手番の差より、実戦的には戦型の差のほうが大きいと思うのだ 
最初から後手番だったと思えばいいのだ 恥を捨て、実を取るのだ(^^;

さらに、データの裏付けもある
平成20年度はプロで約2300局の対局が行なわれて、後手が勝ち越した
と、いうことは、極端な話、先手より後手になったほうがいいのだ

ギズモシステムをまとめると、こうなる
・飛車先の歩はいつでも突けるので後回し、3手目▲4八銀とする
・振り飛車党が相手なら▲4八銀は有効
・居飛車党が相手で4手目△8四歩には、こちらから角交換で角換わりにする(恥は捨てる)
・自分が後手番なら、一手損角換わりで戦う(これで先手でも後手でも角換わりで戦える)

3手目▲4八銀を、しばらくためしてみようと思う
今のところ7~8局指したが、感触はすごくいい