第17期 銀河戦
本戦Dブロック 9回戦
山崎隆之七段 vs 佐藤秀司七段
対局日: 2009年4月15日
解説:豊川孝弘七段
聞き手:鈴木環那女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

これ、投了図、どうなってんの?▲9四同とで、先手玉、詰まないんじゃないの?
山崎の△9四歩で秀司が投了しちゃったけど、▲9四同となら、ホントに詰みがあるの?
と思って、激指4の詰みチェックにかけると、やっぱり詰んでない!
形勢はまだ難しかったようだ 秀司の投了が敗着、キター!!

豊川の解説では、先手玉は投了図以下、「▲9四同と△8七銀不成以下の詰み」と言っていたけど、
△8七銀不成には▲同金があるんだよね これは豊川もカンナちゃんも全然気がついてなかった
感想戦が放送されなかったので、あの後、対局者が気がついたのかどうか不明だ

投了図を載せておきます ↓

後手の持駒:金 
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香 ・ ・ ・ ・v玉 ・v飛v香|一
| 歩 ・ ・ ・v歩 ・v金 ・ ・|二
| とv歩 ・ 馬 角 ・v桂v歩 ・|三
|v歩 ・ 歩v歩 歩 ・v歩 ・v歩|四
| ・ 歩 ・ ・v銀v歩 ・ 歩 ・|五
| 玉v香v銀 ・ ・ ・ 歩 ・ 歩|六
| ・ ・ 桂 ・ ・ 歩 ・ ・ ・|七
| ・ ・ 金 ・ ・ ・ ・ ・ ・|八
| 香v飛 ・ ・ ・ ・ ・ 桂 ・|九
+---------------------------+
先手の持駒:金 銀二 桂 歩 

いや、実際、投了しなければまだまだわかんなかった
でも、投了しちゃったら負けだよね
24の久米席主の好きなスラムダンクの安西先生の言葉
「あきらめたらそこで試合終了ですよ」という言葉が聞こえてくるようだ
投了が敗着、というめずらしい一局を見せてもらった

20年度の成績は、秀司16勝13敗 山崎26勝18敗 2人は初手合い

解説の豊川「秀司は手厚い居飛車党、
 山崎は反射神経のいい足の速い将棋、後手番だと策を練る」とのこと
両者サウスポーだ

先手秀司で、▲居飛車vs△ゴキゲンからの力戦になった
序盤はお互い角道を開けたまま、▲7七角、△3三角とお互いに上がっている
相手から角を交換させて、同桂で取るつもりなのだ
こういうのは昔では考えられないね

角を持ち合い、じりじりした駒組みが続く 秀司は銀矢倉からの変形、
山崎は中住まいの金銀のピラミッド型とでもいうべき形だ
7筋からようやく戦いが起こったときは、開始から1時間以上が経っていた なげー(^^;
両者もう考慮時間を10回使いきり、30秒将棋だ

秒読みで難しい戦いがずっと続く
豊川は二歩の筋に気付かず解説してしまい、カンナちゃんに指摘され、
豊川「まだ病気が治ってないなあ(笑) 僕はニフティと呼ばれているんですよ(^^;」

実戦的には玉が薄い後手が勝ちにくいだろうが、そこは山崎だ
△6三桂というのが並みの人間には気が付かない手だ
ギリギリの終盤だったのだが、そこで事件は起きた
△9四歩で、秀司、自玉に必至がかかり、後手玉に詰みなしと思ってしまい、投了!
たしかに後手玉には詰みはないのだが、自玉もまだ必至ではなかったのだ
ああ~、秀司、これに勝てば決勝トーナメントに入れていたのに、もったいない~

感想戦が見たかった
水曜の銀河クラブで、投了図がどう解説されるのか、楽しみだ

<27日 水曜日 銀河クラブ放送後 追記>
解説者は近藤で、「投了図以下は▲9四同となら△8七香成で、以下は一手一手」と言っていた
しかし近藤、▲9四同と△8七香成▲9五玉△9九飛成▲9六桂合まで進めたところで、
近藤「▲9六桂合△8六金・・・?(あれ、△8六金は▲8三とで寄らないぞ)
 ▲9六桂合△8五銀・・・?色々ありますんでね」と言っていた 
▲9六桂合△8五銀には、▲8七金があり、先手勝ち、と激指4には出てます(^^;
投了図以下は納得いくまでちゃんと検討してから、解説してほしいと自分は思いますね
棋譜の途中はわからないところがあっても、仕方ないですけどね・・・