今週号の「笑え、ゼッフィーロ」は角頭歩戦法でした
総譜がないので、「角頭歩戦法 米長邦雄著 山海堂」
この本を参考に、自分で考えました
手順はたぶんこれで合っていると思います (カッコの中は私の解説です)

ただ、週刊将棋紙の図面では、後手の銀が3一にいるままです これはミスと思います
先手から角を交換したのだから、銀は△2二銀のはずです 誤植ですね
▲7三角までで最終図ですが、この局面、形勢は実際はまだ全然難しいようです

ファイル名:馬島vs角野 角頭歩戦法.kif
先手:馬島
後手:角野

▲7六歩
*馬島「一局指してよ」
*飛鳥田「色々あっても頼むよ 角野くん」
△3四歩
*角野「チッ・・・」
▲8六歩
*馬島「へへ」
*角野「!」
△8四歩
*角野「バカにしとるのかぁ!!」
▲2二角成 △同 銀 ▲7七桂
*馬島「へへ」
*(ここで後手が△8七角は、▲6五角で先手良しです)
△6二銀
*(この手では、△5四角もあるところです でも△6二銀は最も無難な対応です)
▲7八金 △6四歩 ▲6六歩 △6三銀 ▲6七金
*角野「なんだ これ? どういう作戦だ」
△7四歩 ▲5六金
*(ここで△6七角の打ち込みは、▲9八角で受かってます)
△7三桂 ▲6五歩 △同 歩 ▲同 桂
*角野「なんだよ こんな桂!」
△同 桂
*馬島「かかった!!ウホッ」
▲7三角
*角野「・・・」
*飛鳥田「あ~あ・・・」