第17期 銀河戦
本戦Aブロック 10回戦
行方尚史八段 vs 小倉久史七段
対局日: 2009年4月30日
解説:森下 卓九段
聞き手:山口恵梨子女流1級
記録:野田澤彩乃女流1級

20年度の成績は、小倉18勝15敗 行方18勝16敗 2人の対戦成績は2-2のイーブン

解説の森下「小倉は軽くさばく三間飛車党、行方は居飛車党の本格派」とのこと
先手小倉で、▲三間飛車+美濃vs△居飛車穴熊の戦型になった

この将棋、今期銀河戦で、屈指の愚局となってしまった
初めのほうは、解説の森下が毒舌ぎみだから、疑問手に対して厳しいコメントなのだろう、
と思って聞いていたのだが、途中から本当にグダグダの将棋になってしまった
とっくに終わっているはずだった将棋が、小倉が決めそこない延々続くことになり、
長くなった終盤、もう森下も、完全にあきれていた
聞き手の山口「(どっちが勝つかわからない)熱戦ですね」
森下「熱戦ですけどねえ・・・」

小倉必勝の場面から、小倉は決めに行かず受けに回り、ノータイム指しで疑問手を指し、
結局長手数になり、逆転してしまったという内容だった
森下「ひどい逆転負けをしてしまいましたね、こりゃ 
 (小倉さんは)悔やんでも悔やみきれない将棋になりました」
 
勝った行方のほうも、終盤はグダグダで、今打った歩をすぐ成り捨てて時間を稼ぐ、
と言う手を指してしまった
森下「これだけはプロとして恥ずかしい」

森下「う~~ん」「今の、意味のない手です」「雑な感じがします」「無造作ですね」などのコメントが
もうひっきりなしだった
しかし、森下の解説も、疑問の部分があった
91手目、森下「▲4一飛なら先手はっきり勝ちで、すぐ終了だった」
とのことだが、自分で91手目からコンピュータを使って検討してみた結果、
▲4一飛でも、全然簡単に先手勝ちではないとの結論に達した

とにかく、小倉としては、すでに4連勝していて決勝トーナメント入りが確定していたので、
はっきり言って、この対局はどうでもよかった感がありあり・・・

収穫は、初お目見えの、聞き手の山口恵梨子女流1級だ
森下「山口さんの師匠は堀口弘治七段ですよね」
山口「サイボーグ、サイボーグ」
森下「師匠に鍛えてもらいました?」
山口「サイボーグ」
森下「なんでサイボーグなのかわからないですけどね(^^;」

サイボーグとは、堀口弘治七段の愛称なのだが、3連呼したのには笑った
山口女流、かなり天然なようだ
まだ17歳、天然系の聞き手として今後に期待できる女流と思う