第17期 銀河戦
本戦Bブロック 10回戦
鈴木大介八段 vs 小林裕士六段
対局日: 2009年4月17日
解説:北浜健介七段
聞き手:村田智穂女流初段
記録:井道千尋女流初段

20年度の成績は、大介19勝19敗 デカコバ(小林裕士)19勝11敗 
2人の対戦成績は2-2のイーブン

解説の北浜「大介はパワフルな振り飛車党、豪快なさばきで勝つ、見ていて気持ちいい将棋、
 デカコバは早指しで攻めっ気の強い居飛車党 早見え早指しどうしの一戦」とのこと

先手の大介が、早々に1筋を突き、▲7七角と上がった
5手目▲7七角戦法、後手番でいうところの4手目△3三角戦法だ
局後、大介「後手番でもこの戦法をやりたかった、最近これに凝っている」とのこと

角交換からの振り飛車vs居飛車の対抗形、力戦になった
デカコバがナナメ棒銀に出たのが機敏で好着想だったようで、なんだか8筋がモロに破れてしまった
大介は銀得したものの、と金を2枚も作られて、竜にも進入されてしまった
ええ、こんなんでいいの?と思って見ていたら、
大介も困ったようで、考慮時間がどんどんなくなっていく・・・
8筋の他に争点がないのだ 局後、大介「困ってました」とのことだった だめだこりゃ(^^;

北浜「振り飛車党の人だと、第一感、居飛車からのこういう攻めはありがたい、と思うはず」との
ことだったのだが、この将棋、8筋を破られて、振り飛車からは実際に手がない
居飛車側はあとは、と金を寄っていけばいいだけ、という展開、うーん、これは・・・

結局、大介はいちおう粘ったものの、デカコバに的確に対応され、そのまま押し切られた、
という内容だった あちゃー
最後の大介の角のタダ捨ての王手、さすがにこれはやけっぱち、という表現しかない ああ・・・orz
その後、デカコバの△3七銀不成の妙手が見れたけどね

感想戦では、大介はよくしゃべってくれて、対局中、大介がどういう考えだったのか、
とてもよくわかった 良く手が見えているね、感想戦は大介の勝ちだった

北浜は「デカコバのすばらしい内容でした」と言っていたけど、
自分的には、大介のいいところが見れなくて、残念な内容だった 
自分はこの対局、かなり期待していたのだ
大介はNHK杯で優勝したことのある早指しの強豪だからね

感想戦の最後に、大介「(デカコバが)こんなに強いとは思わなかったですよ」と言った(^^;
ちょっと、大介さん、デカコバは早指しが強いんだって(笑)
北浜も「デカコバはツボにハマッたときの切れ味は誰にも止められない」と言っていたしね

さて、両者の対局姿を比べて見たときに、デカコバはやっぱりデカかった 大介より一回りデカかった
小林裕士のこのデカコバという愛称、もう自分の中では定着している