さて、ここまでほとんど棋譜の中身とは関係ない話を書いてしまっている(^^;

井上「▲3四歩を△同銀と取りました、これは郷田がつらいのか、▲同飛とするのが毒まんじゅうなのか でも▲同飛でしたね」

ここで、よく質問するおじいちゃんのカガワさんが、絶妙の質問をした
カガワさん「本譜は△4三銀でしたけど、そこで△4二桂はなかったですかね」
井上「△4二桂!ようそんな手が見えますね!そうか、そのほうが良かった? このほうが優ってたと思いますね!」
結局、終局後の検討で、再びここを検討して、▲6六角という筋でやっぱり羽生良し、という結論が出ましたけど、カガワさん、実にするどい指摘でした

郷田の△1九角成という手があったが、これがどうにも感触の悪い手で、これがはっきり敗着、という結論だった
郷田の馬が遊び、羽生の攻めが続くかっこうとなった

井上「郷田さんの勝ち目としては、羽生が取った飛車を▲8二飛と打つしかないです」
▲8二飛なら、郷田の1九の馬が利いていて、タダですもんね(^^;

井上「ぶっちゃけ、▲6一角を見て、郷田さんが・・・・・・ トイレに立ちました」
お客(笑)
井上「いやいや(^^; ▲6一角を見て、郷田さんが投了しました!」

井上「ちょっと、この将棋は郷田さんは粘りを欠きましたね △1九角成はどうなんですかね、予定変更かな、角は引き成るほうが難しかったと思います」

井上「郷田さんは相手の得意を正面から受けるのが棋風なんで・・・ 変化技に出たのがどうだったか 
郷田さんは当初は攻め合う予定だったはずですが、攻めが間に合わなくなりましたね
相矢倉の後手番は、専守防衛じゃないと、やはり戦えない感じです」

私「▲4六歩で、△7二飛を強要したのが羽生の勝因でしょうか?」
井上「そうですね、あれは大きかったですね △7二飛が位置が悪く、最後まで狙われることになりました」

井上「号外が出てますね、『羽生名人が防衛』! でも、最近の郷田さんの充実ぶりはすごいんでね、来期も挑戦者候補ですよ」

終局が早かったため、井上先生、対局が終わってから20分くらい雑談してくれた
井上「この一番、さすが羽生さん、勝ちましたね これでほっと、一段落、というところでしょう」
お客「やっぱり、名人戦は他の棋戦とは価値が違いますよね」
井上「いや~、それは僕の口からは言えません(^^;」
最後に自分はもう一度、「NHK杯、がんばってください!」と声をかけました
収録はまだやっていないようでしたので(^^;

帰り際、出口で係の人が、号外の紙面を配ってくれました (終わり)

ちなみに、今回はこぼれ話はナシです もうあったこと全部、書いちゃったので(^^;