第17期 銀河戦
本戦Fブロック 10回戦
木村一基八段 vs 阿部 隆八段
対局日: 2009年4月23日
解説:中村 修九段
聞き手:安食総子女流初段
記録:野田澤彩乃女流1級

20年度の成績は、木村30勝23敗 阿部21勝16敗 2人の対戦成績は3-3のイーブン

解説の中村修「木村は受けが強いことで有名、ただ受けるのではなく、自分から攻めていって、
 攻め合いにして突然受けに回るというスリリングな受けが持ち味
 阿部は本筋を好むバランスの取れた棋風」

中村修も、「受ける青春」というあだ名があるが、本人いわく
中村修「私の受けはただ受けるだけだが、木村の受けは相手の攻めを呼び込む受け」とのこと

先手木村で、阿部の一手損角換わりになった
▲早繰り銀vs△腰掛け銀だ

さて、この対局、早々に銀交換になってから、もう難しすぎ・・・
中村修の解説が的確なので、なんとか解説だのみで
後追いでついていっている、というだけだ

角、銀、桂をお互いに持ち合い、木村が角を後手陣に打ち込み、一気に勝負をかけた
指し手は単純なんだけど、変化は複雑、という、素人お断りの難しさだった
木村の攻めに、阿部が的確に対応した 受けの手が広かったにも関わらず、
阿部は本当に的確に対応したと思う この日の阿部は強い!と思った
木村の攻めが切れ、はっきり阿部の優勢になった
解説の中村修も「阿部優勢」と言っていた

竜を自陣に引き付け、全駒を狙った阿部だった・・・が?
「阿部八段の手・・・ どれも悪手とは思えないけど
形勢はいつのまにか 互角になってる!?」
なんと、木村が細い攻めをつなげてしまった、しかも駒損も回復!
「互角・・・ いやわずかに・・・ 阿部が悪い」

終盤、もうどっちが勝つかわからない大混戦に!
30秒将棋だし、自分の棋力じゃ、もうわけわかんねえ(^^;
逆転していて、木村が勝つ権利を手にしたことだけは、わかった
しかし、こんどは阿部玉が中段玉で寄せにくく、
最後はなんと木村が豪快にトン死を喰らって負けた

中村修「2度大きな逆転がありました 2人とも『ひどい』と頭を抱えると思いますよ」
事実、そのとおり、勝った直後の阿部は、苦虫を噛み潰したような顔をして、
首をひねっていた(^^;

木村も、持ち味の受けを発揮したと思った手があった
苦しい形勢ながらも、71手目の▲7九金と引いた手、これは参考になる
形勢がわからなくなったとき、今まで攻めていた木村がいきなり受けた▲4七歩、
これで阿部のペースが乱れた

この一局、まずは阿部が攻めを受け切ったので、そのまま勝っていれば、阿部の快勝だった、
木村が逆転してから勝ち切ってきれば、木村の底力発揮の一局、と言えた、
本局はそこからさらに木村がトン死で負けにしてしまった(^^;

この一局の感想を聞かれた中村修「将棋は逆転のゲーム」
プロをもってしても、やっぱり優勢から勝ち切るのは難しいようだ