第17期 銀河戦
本戦Gブロック 10回戦
谷川浩司九段 vs 北浜健介七段
対局日: 2009年5月15日
解説:木村一基八段
聞き手:山田久美女流三段
記録:伊藤明日香女流初段

20年度の成績は、谷川18勝17敗、北浜15勝16敗 2人の対戦成績はタニーの2-1

解説の木村「タニーは最近は振り飛車もよく指す、終盤の切れ味は健在
 北浜は居飛車が多い、棋風がタニーと似ており、終盤が得意
 2人とも詰将棋作家」とのこと

先手タニーで、▲居飛車vs△ゴキゲンの持久戦になった
木村「北浜さんは飛車を振るような人ではなかったんですけどね、かなりめずらしい」
ただ、北浜は前局の神谷戦でも後手ゴキゲンを採用している

タニーが7筋位取りにしたのに対し、北浜は美濃から4枚穴熊に囲って対抗した
美濃囲いはそのままで、3一の銀を、8二までもってくる穴熊だ
木村いわく「奥の手」だそうだ

どこから戦いが始まるのかと思いきや、なんと北浜のほうから△7四歩、と突いて
本格的な戦いが始まった、これには自分は超びっくりだ(^^;
ここまでは指し手を事前にビシビシ当てまくっていた、解説名人の木村もこれには驚いていた

北浜が中空に歩を打つ△5五歩など、さすが2人のレベルが高い
ただ、実戦的には、なんだかんだで穴熊がサバいて、固さを活かして勝つんじゃないかな~、と
自分は思って見ていた 

この一局、序盤から一転し、中盤からは木村が驚く手の連発となった

北浜が穴熊の桂を跳ねた△7三桂を見て、木村「やった、やった!北浜調の一手ですよ」
さらに、守るだけの手なので、打ちにくい△4四銀を見て木村「あ~、打ったあ、打ったあ」
トドメは、木村「(飛車を捕獲する)▲2六桂もあるのか、いや、筋悪なんで、やらないですね
とんでもない悪い手ばっかり言って(^^;」
しかし、谷川が▲2六桂を指し、木村「・・・やったあああ!!うほ、おほ、うほ(言葉にならず爆笑)
今日はもうどうなっているんでしょうか(笑)」
木村さん、笑いすぎ(^^; 

どっちが有利なのか、木村すらわからない終盤、北浜が銀を助けるために、隣の銀を自ら差し出す、
という驚愕の一手△5四銀右を指し、
木村「はあ~、また!!▲同金とした手がヌルイということですね、
うわ~、はあ~!すごい勝負手ですね」
これには自分もかなり驚いた、早指しでこんな鬼手が見れるとは!
これは北浜の会心譜か?!と、思いきや、いざタニーに▲同金と攻め合われてみると、
北浜の攻めが切れ模様・・・ ありゃりゃ(^^;
最後は、北浜の王手攻撃にも、タニーは冷静に対応した 
王手攻撃を完全に読みきっていたタニー、さすがだ

終局後、木村「どれが敗因かわからない好局でした」
あー、自分としては、北浜が△5四銀右の鬼手を放ったので、それが勝因で勝っていれば、
ホントにすごい一局だったのに、と残念だった
ただ、何事もなかったかのように冷静に対応したタニーが、それだけ強く、奥が深いのかもしれない

ともあれ、この一局、一番盛り上がっていたのは木村さんだったのは間違いない